(株)電通執行役員・元総務省事務次官桜井 俊 氏

いずれも単にテクノロジーありきではなく、エンターテインメント、身の回りの課題解決、新しいビジネスモデルの提案など、非常に大きな訴求力のある内容だったと思います。産業界だけでなく、地域社会や農業、医療でもICT技術を取り入れた効率的なサービス提供のため、技術を取り入れイノベーションを起こしていける人材が求められています。こういった取り組みが契機となって群馬がプログラミング教育の拠点となることを期待しています。

(株)クライム代表取締役金井 修 氏

今回は、本当に応募者のレベルが上がり見応えがありました。ジュニア部門はゲームだけでなく面白いアイデアの作品が多くなり、企画力も上がったと感じました。アプリ部門は、すぐにでも商品にできそうな作品もいくつかあり楽しませてもらいました。またIoT系の作品が増えたのもうれしいです。テクニカル部門は相変わらずレベルの高い争いを見せてもらいました。
徐々にプログラミングの楽しさを感じてもらえる子供たちが増えてきたのと、全体的にレベルが向上したのを感じた大会でした。

NPO法人みんなのコード代表理事利根川 裕太 氏

初年度から参加しておりますが、年々レベルが上がってきていることを実感しています。昨年までだったら受賞していてもおかしくないレベルの発表が続きました。アプリケーション部門の作品は、こちらで紹介するだけでなく、実際にアプリストアで公開してほしいと思うほどでした。素晴らしいプレゼンでした。

(一社)共同通信社情報技術局次長・将来技術開発室長鈴木 維一郎 氏

主にテクニカル部門を見させていただきました。1位の方を除き、2~4位まで拮抗している状況でした。挑戦者の方々の闘志と、問題を作成した作問委員の方々の負けん気が加わり、難易度も上がりました。今回参加してみて、また新しい目標もできたと思います。挑戦してくれた皆さん、また来年お会いしましょう。

(一社)WebDINO Japan代表理事瀧田 佐登子 氏

プレゼン力、発想力に驚かされ、甲乙つけがたい審査でした。2000年前後に生まれたジェネレーションZ世代、デジタルエキスパートと呼ばれる方々のプログラミングに対する実装力を痛感しました。ジュニア部門では身近なところから発想を得て作品を作られているように感じられました。三角関数などを使っており、実力の上では本当に大人顔負けの互角で勝負をしているな、と感じました。

(株)上毛新聞社代表取締役社長内山 充 氏

皆さんの発表は素晴らしく、驚きとともに拝見しました。理系の頭脳、自由な発想、家族への愛、そうしたものがうまくかみ合って作品に仕上がっています。この子どもたちが50年後、私たちと同じ年齢に達した時、いったい世の中はどうなっているのだろうと考えてしまいました。レベルの高い作品ばかりで審査が非常に難しいと感じました。プログラミング思考のできる人材はますます必要になっています。上毛新聞社は、ぐんまプログラミングアワードを通じて人材育成に力を入れていきます。


※肩書は当時