次世代を担うプログラミング人材を育てようと、今年7月から9月にかけて小中学生に基礎を教える「ジュニア・ブログラミングスクール」が開かれました。群馬県内の小学1年生から中学3年生までの親子134組が参加し、プログラミングへの理解を深めました



前橋校の模様



高崎校の模様

2017年の模様

GPA関連事業として、2016年7月から10月にかけて小中学生を対象とした「キッズ・プログラミングスクール」を開講しました。小学1年から中学3年生まで約200人が参加し、プログラミングの基礎を学びました。

スクールは共愛学園前橋国際大と高崎商科大を会場にして行われ、計12回開きました。子どもたちは、プログラミングをゲーム感覚で学ぶツール「スクラッチ」を使って、パソコン上のキャラクターを動かしたり、簡単なゲームを作るなどして、ブロックを組み立てる感覚でプログラムを作成しながら、コンピューターが動く原理を体験しました。

募集開始直後に定員数を上回る人気ぶりで、プログラミング教育への県民の関心の高さが伺えました。