GPAとは

ジュニア部門

概要

ゲームや動画を制作して、アイデアを競います。

対象

群馬県在住または在学の小学1年生〜中学3年生
個人または3人までのチーム

エントリー

プログラミングに興味を持ったきっかけや制作したいソフトのアイデアなどを書いてください。
プログラミング学習ツール「スクラッチ」で作った作品の画像や保存URLがあれば送ってください。

一次審査

書類選考

二次審査

プログラミングの学習ツールを使ってオリジナルのゲームや動画を制作し、作品をプレゼンテーションします。

最終審査 (3月24日)

ファイナリスト : 10組
プログラミングの学習ツールを使ってオリジナルのゲームや動画を制作し、完成版の作品をプレゼンテーションします。

応募制限

個人または1チーム1作品。
1人が複数人のチームに所属することはできません。

テクニカル部門

概要

プログラミング問題の正解数と解答スピードを競います。

対象

群馬県内にとらわれず日本国内に居住する小、中、高校生、大学生、専門学校生で24歳以下の方 (大学院生は除く)
個人または3人までのチーム

エントリー

プログラミングスキルに関するこれまでの経験、実績、スキルを記載してください。
提示した課題にプログラミングで解答してください。

一次審査

書類選考

二次審査

提示した課題に制限時間内に解答 (応募者数によっては実施しない場合があります)。

最終審査 (3月24日)

ファイナリスト : 30組以内
提示した設問に制限時間内に解答。1問ごとに解答をUSBメモリーに保存し、運営者に提出していただきます。正答率、解答の速さで順位を決めます。

応募制限

個人または1チーム1作品。
1人が複数人のチームに所属することはできません。

アプリケーション部門

概要

オリジナルなアプリケーションのアイデアと完成度を競います。

対象

群馬県内にとらわれず日本国内に居住する小、中、高校生、大学生、専門学校生で24歳以下の方 (大学院生は除く)
個人または3人までのチーム

エントリー

開発テーマを①AI、②IoT、③ドローン、④ビッグデータ、⑤ロボット、⑥VR・AR、⑦エンターテイメントのいずれかから選び、開発するアプリケーションによって解決したい課題やサービス・ゲームなどのアイデアを画像と文章で示してください。
テーマを組み合わせても構いません。
[応募の時点でUI・UXを表現できる画像を発表出来ること、二次審査の時点でMVP(必要最低限の能力を兼ね備えたプロダクト)を発表出来る状態になっていることを要します]。

一次審査

書類選考

二次審査

開発するアプリケーションの動作イメージがわかる画像や動画を用いて5分以内でプレゼンテーション (応募者数によっては実施しない場合があります)。

最終審査 (3月24日)

ファイナリスト : 10組
開発したアプリケーションをプレゼンテーションします。

応募制限

個人または1チーム1作品。
1人が複数人のチームに所属することはできません。